いい絵を描いていますか?

絵を描くことの好きな仲間が集まり毎週人物画を探求しています

ご高齢ながら絵に取り組む姿は真剣・・・・

60歳ころから絵を始められて

すでに20年以上そうです


活動報告29年1月:細沢さん



創造館で活動する「絵画グル―プ」の3つに所蔵して

連日のように制作に取り組んでいる


CIMG7468.jpg


ご高齢ながら悠々自適の隠居生活ではない

大きな果樹園の専任某として働いているうえにである

彼が作るリンゴはとてもうまい!

みつがぎっしり詰まった大きなリンゴだ

「愛情だよ」

「愛情をかけているからうまくなるんだよ」と一言


研究熱心さは≪絵≫でも同じだ

創造館主催の講習会や名のある作品展には

必ず出かけ、講師や作家に根掘り葉掘り

何でも聞いてくる

そして自分の絵の取り込んでいく


ご高齢ながらなどと言っては失礼だと怒られそうなくらい

いつも真剣に取り組んでいる姿は

一緒に描いている我々「人物の会」でも学ぶことがおおい

当然社時事問題についても見解が多く

そちらの話はついつい耳を傾けて聞き入ってしまう


会に入会のころは

作画時間中にも政治問題などの話に夢中になり

われわれには疎んじられることもあったが

今となってはその話が聞かれないほうが

さみしいくらいだ

それくらい問題の本質にかかわる内容だから・・・・

とくに私のようにそちらに疎い人間には

えって?聞き耳を立ててしまうくらい

話が辛口で面白い


ご近所でも口やかましいおじさんか?


ただ≪絵≫に関していうと

「描き方で絵はうまれないんだよなあ」と

ついつい思ってしまうんだ

研究熱心さが聞けば聞くほど

自分の絵が分からなくなる場合もたくさんある


よく言う「うまい絵」と「いい絵」は違うってこと

細沢さんのように己をしっかり持っている人なら

描かれる内容が詰まっているから

「いい絵」が生まれてきて当然なんですよ


そう思うのは私だけでしょうか?





関連記事
コメント : 0

コメント